このページではJavaScriptを使用しています。

ホワイトニングとは

歯を白くしたいならホワイトニング予約ネット

ホワイトニングの流れと治療時間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科医院で実施してもらうことができるホワイトニングでは黄ばんだりしてしまった歯を白くすることができます。その方法としてオフィスホワイトニングとホームホワイトニングがありますが、どういった流れでどの程度の時間がかかるものなのでしょうか。

オフィスホワイトニングの治療の流れ

オフィスホワイトニングは歯科医院に行くことによって歯科医師の手によってホワイトニングを行う方法です。その流れとしてまずは虫歯や歯周病がないかといった治療が行える状態かどうかの判断をするための問診が行われます。そして、歯の色について写真を取ることでホワイトニングを始めるスタート地点の記録を取ります。

続いて、歯のクリーニングを行うことによって歯の表面をきれいにすることでホワイトニングに用いる漂白剤と歯が接触しやすくします。そして、歯肉を傷めないようにプロテクターを装着し、漂白作用のある薬剤を歯に塗布します。そして、レーザー等を照射することによって薬剤の漂白作用を高めて効果的に歯を白くすることができます。そして、最終的に薬剤の洗浄を行うことで一回の治療が完了するという流れになります。

こういった治療を定期的に繰り返すことによって少しずつ歯の色を白くしていくのがオフィスホワイトニングであり、初期の状態と比較して満足の行くところまで漂白を続けていくことになります。高い濃度の漂白剤とレーザーを用いることにより高い効果を期待できるのが特徴です。

ホームホワイトニングの治療の流れ

ホームホワイトニングは漂白剤によるホワイトニング治療を歯科医師のもとではなく自宅で実現できるようにした方法です。その初期の流れは同じであり、問診によって治療が実施可能な状態であることを確認し、写真を撮ってスタート地点での記録が取られます。そして、自宅でうまくホワイトニング治療を行うために必要な器具となるマウスピースを制作するために歯形をとり、マウスピースを作ってもらうことになります。実際にホワイトニングを行う際にはまずブラッシングによって歯をきれいにし、続いて薬剤を注入したマウスピースを装着するという手順で行われます。そして、しばらくの間、マウスピースを装着したままにしておくことによって薬剤による歯の漂白を行った後、マウスピースを取り外して歯を洗浄することで治療が終わります。歯科医師の指導のもとでなくても実践できるように低い濃度の薬剤を使い、レーザー照射等も行わないことからオフィスホワイトニングに比べると一度の治療による効果は弱くなります。しかし、ゆっくりと歯が白くなっていくため、自分の好みの色になったところで止めるのが容易であるというメリットがあります。

ホワイトニングの治療時間

ホワイトニング治療において薬剤と歯を接触させている時間はその治療を行う歯科医師や用いられている方法、個人の歯の状態によっても大きく変わります。保険適用外の治療になるため定まった実施方法があるわけではなく、それぞれの医院でよりよいとされる方法が実施されることになるからです。特にレーザーの種類は多様であることから治療時間はかなりばらつきが大きくなりますが、標準的には30分から60分程度の照射が行われます。一方、ホームホワイトニングの場合には薬剤が弱いために時間をかけなければ効果があまり発揮されません。そのため、就寝時間中に装着を続けるという方法を推奨する医師が多くなっています。実際には昼間に行いたい人用のものもあり、1時間から2時間程度で効果が期待できるホームホワイトニングもあります。通う歯科医院の方針によってどちらかのタイプを勧められることになります。こういった方法で治療を行うことにより、オフィスホワイトニングでは即日から一週間程度、ホームホワイトニングでは一週間から数週間程度で見た目でわかる効果が得られるのが一般的です。

ネットで歯医者さんを予約する

人気医院特集