このページではJavaScriptを使用しています。

ホワイトニング後の食事レシピをご紹介

歯を白くしたいならホワイトニング予約ネット

治療方法 詳細

ホワイトニング後の食事レシピをご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホワイトニング薬剤は使い方一つでその効果を向上させる事ができます!普通に使用しているだけでは思ったように歯が白くならないと言う場合、ホワイトニングの「作法」を学んでみましょう。ホワイトニング後に相応しい食事レシピを考えるだけで、望みの白さを手に入れる事ができます。

ホワイトニング薬剤の効果を100パーセント発揮させるために

ホームホワイトニングは薬剤の種類によって使用する期間が異なりますが、一週間以上継続して塗布するのが一般的です。効率的に歯を脱色する場合、コツがありますので知っておきましょう。

一般的に歯の汚れは加齢や体質だけでなく、着色汚れによって起こります。私達の周りにはコーヒーやカレーなど色の強い飲食品が沢山存在していますが、こうした物を食べる事によって歯にも色がつくのです。家にあるマグカップに茶渋がつく原理と同様です。ホワイトニング中は色のついている食べ物を避ける事が大切ですから、赤ワインや醤油、チョコレートなどを避けるようにしましょう。

ホワイトニングを行なった場合、歯の表面にある被膜は失われてしまいます。被膜が失われた歯は普通の歯よりも食べ物の色に染まりやすいですから、余計に気を付ける必要があります。一般的に歯の被膜は24時間から48時間ほどで回復すると言われていますので、その期間は食生活に気を配ると良いでしょう。特にホワイトニングで知覚過敏がある方は、薬剤を塗布する時間を短縮して脱色するためにも大切な配慮です。

また、効果的に歯を脱色するためには必ず事前に歯磨きをしておく事が重要です。

ホワイトニングに優しいレシピ

ホワイトニング後に赤ワインやコーヒーが厳禁と言う事は分かっているものの、好きな飲食品を我慢しなければいけないのは苦しいものです。一方、脱色の効果を高めるためとは言え、ホワイトニング後にあらゆる食事を抑えなければいけないわけではありません。例えばワインが好きな方は赤ワインを白ワインに置き換えてみましょう。また、カレーが好きな方はドリアを作って食べると良いでしょう。ドリアのレシピは簡単ですから、覚えておきましょう。耐熱容器にバターライスを入れ、その上部にホワイトクリームとチーズを載せ、オーブンで焼くだけで良いのです。焼き加減を見る目安になりますし、食感が良くなりますので、一番上にパン粉を振りかけておくと便利です。パン粉に焦げ目がつくまで温めましょう。ドリアだけでなく、ホワイトクリームを使用した料理にはクリームパスタなども存在しています。このように歯に色がつかない食事を摂る事によって、ホワイトニングの効果を高める事ができるのです。また、食事を終えた後はしっかり歯を磨きましょう。ホワイトニングによって知覚過敏がある場合、知覚過敏抑制用の歯磨き粉を使用するとベストです。

栄養のある食べ物を摂取する工夫

ホワイトニング後は歯に色がつかないような食べ物を好んで摂る必要があります。色が白いものだけでなく、水分の少ないものを選んで口にすると特に効果的です。例えばお米やシラスはシチューやクリームよりも粘度が低く歯にこびりつきませんし、色も濃くありません。こうした食品を選んでホワイトニング用のレシピを作るようにしましょう。例えばシラスご飯は、お米に昆布や梅干しを入れて炊き、後ほどシラスと混ぜるだけで完成します。栄養価も高いレシピですから、ぜひ作ってみましょう。他にもコーヒーを牛乳に置き換えたり、ケチャップをマヨネーズに換えると良いでしょう。好きな物を食べる事ができない場合でも、できるだけ栄養のあるレシピを考えて健康を保つ事が大切です。美しい歯は色だけでなく、頑丈な歯茎によって成立しますが、口内の状態を健康に保つためにも十分な栄養を摂取する必要があるのです。ホワイトニング後の食事コントロールは、ホームホワイトニングだけでなくオフィスホワイトニングでも重要です。お医者様の指導に従って、適切な食べ物を口にしましょう。また食事だけでなく、タバコによってヤニ汚れがつきますので、脱色後は喫煙も控えるようにしましょう。

ネットで歯医者さんを予約する

人気医院特集