このページではJavaScriptを使用しています。

ホームホワイトニングのマウスピース治療とは

歯を白くしたいならホワイトニング予約ネット

治療方法 詳細

ホームホワイトニングのマウスピース治療とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

にっこりと笑った口元に並ぶ真珠のような白い歯、憧れますよね。すっかり定着した歯のホワイトニングですが、実は治療には歯医者さんで行うオフィスホワイトニングと自宅でマウスピースを使って行うホームホワイトニングの2種類があります。誰でも気軽に行えるホームホワイトニングの方法をちょっと見てみましょう。

ホームホワイトニングの方法

まずは歯医者さんへ行って、自分の歯型に合うマウスピースを作成してもらいます。このマウスピースに歯を白くする薬を入れ、装着するわけですが、だいたい1日に2時間程つけている必要があります。期間としては1週間から2週間が目安ですが、どの程度白くしたいかによっても多少変わってきます。価格はだいたい1万円から3万円ほどで、オフィスホワイトニングに比べてリーズナブルな点が嬉しいところです。
自宅でやる、というと何だか歯医者さんでやるより効き目が薄いような気がしますが、そんなことはありません。確かにオフィスホワイトニングの方が効果は早く出るのですが、マウスピースを使ってしっかり浸透させる分、ホームホワイトニングでも十分な時間をかければしっかり白くなります。むしろ、自宅で十分な時間がかけられるので、自分の思う白さまでホワイトニングすることが可能です。
歯医者さんに通う必要も無く、自宅で一定時間マウスピースをはめるだけで歯が白くなるホームホワイトニング、手軽で便利な治療法と言えます。特に忙しくて歯医者さんに何度も通う時間の無い方にはおすすめの治療法と言えるでしょう。

ホームホワイトニングの注意点は

便利で手軽でリーズナブルと、いいことづくめのホームホワイトニングですが、いくつか注意する点もあります。まず、ホームホワイトニングにはオフィスホワイトニングほどの即効性がありません。マウスピースを装着した次の日から白くなる、ということは起きないのです。ですので、例えば明日までに白くしたい!という方には向いていない治療法と言えます。中には白くなるまでに1ヶ月以上かかる方もいるので、気長にマウスピースと付き合いましょう。また、ホームホワイトニングの期間中、着色性の強い食品は避ける必要があります。コーヒーやお茶、赤ワイン、カレーや醤油などです。これらの食品を摂ってしまうと効果が半減してしまうので、気を付けましょう。それから、ホーム、オフィスに限らず、ホワイトニング治療によって歯がしみる知覚過敏になる方がいます。そうした症状が出た場合には、ただちに歯医者さんへ行き、きちんと診察を受けましょう。せっかくここまでがんばったのだから、ここで止めると白くできない、と無理にやっていると症状がひどくなってしまう恐れがあります。安全に美しい歯を目指しましょう。

ホームホワイトニングはどれぐらいもつの?!

毎日2時間、せっせとマウスピースをはめて、コーヒー、カレーを我慢して手に入れたこの真っ白の歯、一体どれぐらいもつのかしら、というのは誰しも気になるところでしょう。ホームホワイトニングの場合、だいたいその効果は1年から2年と言われています。これは個人差や感じ方の違いもありますので一概には言えませんが、1,2年たつとそろそろ黄ばみが気になって来る、ということでしょう。マウスピースは1度作れば手入れさえきちんとしていれば3年ぐらいは使えますので、その点ホームホワイトニングの場合は気になったらまたできる、という便利さがあります。歯を白くする薬剤も海外から個人輸入するという裏ワザもありますので、リーズナブルにホワイトニングしたい方は個人輸入サイトをチェックしてみましょう。ただし、せっかく白くなった歯でも、虫歯や知覚過敏がゾロゾロ、というのでは台無しです。基本は健康な歯があってこそですから、定期的に歯医者さんには診てもらうようにしましょう。いつでも手軽に誰でも始められ、自分の好みの白さにすることが可能なホームホワイトニング、これからもますます利用者が増えることでしょう。

ネットで歯医者さんを予約する

人気医院特集