このページではJavaScriptを使用しています。

ホワイトニング後は白い食べ物しか食べちゃいけない?

歯を白くしたいならホワイトニング予約ネット

よくある歯の悩み 詳細

ホワイトニング後は白い食べ物しか食べちゃいけない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホワイトニングを行ったあとは、歯が白くなり敏感になっていますので、食べ物には気をつけなければいけません。では、どんな食べ物がNGなのでしょうか、しっかり見ていきましょう。何色の食べ物ならOKなのでしょうか?

白い食べ物しか食べちゃいけない?

ホワイトニングを行ったあとは、約48時間ぐらいの時間をかけて、歯の中では歯を白くするように、作用が働いています。
ですので、この2日間は、特に歯が刺激を受けやすくなっていますので、なるべく色の濃い食べ物や飲み物は避けなければいけません。
ですが、色素のない、白い食べ物しか食べてはいけないということはありません。白い食べ物というよりも、歯を白くしやすい食べ物を積極的に摂取することが望ましいとされています。例をあげていきますので、チェックしてみましょう。まず初めに、チーズ、牛乳、ヨーグルトがあります。これらは虫歯を防ぐことができ、エナメル再生を助ける働きがあるといわれています。そして、口の中の酸を保護する、タンパク質やカルシウム、リンが豊富に含まれています。次にパパイヤという果物です。パパイヤには、パパインという、タンパク質を分解する作用がありますので、歯に付いた汚れを分解して落とすことが可能です。そして、ブロッコリーにも、強い働きがあり、歯のエナメル質を守りながら、鉄分がバリアのような膜となり、歯を痛める酸を防ぎます。特に野菜類には、こういった歯を綺麗にする成分がたくさん含まれているので意識的に摂取していきましょう。

食べたら色素がついてしまうもの

では、ホワイトニングを行ったあとに、食べることを避けたほうがよい食べ物を紹介していきます。特に、色素がつきやすい食べ物に注意していきましょう。まずは、ポリフェノールを多く含む食品は避けたほうがよいでしょう。赤ワインやぶどう、ココアやチョコレート、大豆にもポリフェノールはたくさん含まれていますので、摂取するのを控えなければいけません。そして、飲料水も要注意です。コーヒーや紅茶、緑茶やウーロン茶などを日々飲んでいるかと思いますが、ティーカップや湯飲みを見てください。気づかない間に真っ白だった陶器の底が茶色になっている、なんてよくあることです。じつはこれと同じことが口の中でも起こっているので、コーヒーや紅茶などを毎日飲んでいると、茶渋が歯についていきますので、気をつけましょう。 そして、危ないのが、炭酸飲料水です。コーラなど、歯を溶かす成分が入っていますし、人工着色料もたっぷり入っています。何より、大量の砂糖を摂取することで、歯のエナメル分を溶かしてしまうので、せっかく行ったホワイトニングが台無しになってしまいます。あとは、色の濃い食べ物も気をつけましょう。例えば、カレー、しょうゆ、ケチャップ、ソースといった食べ物も、着色料の影響でホワイトニング後の歯に色をつけてしまいます。最後に、ほうれん草は歯の表面を傷めてしまうので、避けたほうがよいでしょう。

ホワイトニング直後のおすすめの食べ物

では、ホワイトニング直後に食べたらよいものをここで説明していきます。特に、牛乳や白味噌汁、水、白ワインといった飲み物は歯を白くし、汚れをつきにくくしますので、積極的に飲んでいきましょう。そしてごはんやパン、カルボナーラなどのホワイトクリームを使った食べ物も、ホワイトニング後でも食べることができます。あとは、白菜や白身魚、うどん、しらすや大根など、白い食べ物も歯にはよいでしょう。とにかく、色が薄いものや、色が白い食べ物はホワイトニング後の歯に悪影響を及ぼしませんので、積極的に食べることができます。それでも、もし、間違って色の濃い食べ物や飲み物を摂取してしまった場合は、慌てずに、なるべく早く歯磨きを行ってください。歯磨きをすることが難しい場合は、口をゆすぐだけでも効果はでますし、水を飲むだけでも、まったく違ってきます。間違って色素の強い食べ物を食べてしまったとしても、治療後の歯が前よりも黄色くなってしまうといったことは起こりませんので安心してください。とにかく治療を行って、2日間は、食事を気をつけて行うことが大切です。これで、あなたの歯はさらに美しく真っ白に輝くことができるでしょう。

ネットで歯医者さんを予約する

人気医院特集